多くの人の興味を引ける理想的な広告

手提げ袋の利用

小学校や幼稚園では手提げ袋は必需品です

子供が成長し、小学校や幼稚園に入学する季節が近づいてきました。母親の立場になると、うれしいながらもやることが多くて大変です。とくに大変なのが小学校や幼稚園生活でつきものなのが、ジャージをいれたり上履き、お道具箱をいれたりする布でできた手提げ袋や巾着袋を作ることです。 大体各学校、幼稚園の説明会で必要なサイズを指定されたりします。ざっと2個〜4個くらい縫わなければならないときもあります。 ただでさえ入園入学の準備でお名前付け、各お道具の用意、書類上の手続きなどやらなければならないことがたくさんあるのに自分で縫う暇などなかなかありません。 大体のお母さんはやはり自分で縫わずに親戚や祖母などに頼んで作ってもらっているようです。

手作りにこだわらなくてもいろいろなサービスがあります。

頼れる親が近くにいるお母さんならよいのですが実家が遠いなどそうもいかない場合もあります。 既製品の手提げ袋も今は十分かわいらしいものが売っています。そういうものを買って時間と手間の節約をするのもいいと思います。その分慣れない新生活に入る子供たちをよく見守ってあげることができます。 また子供がどうしてもお気に入りのキャラクターがいてその布じゃなきゃいやという場合などは、手芸店のオーダーメイドサービスを利用するのもよいでしょう。 手作り雑貨の店などでも作家さんに自分の好きな色、デザインで手提げ袋を縫ってもらうことができます。 大体相場として手提げ袋1つで1500円くらいで縫ってもらえます。子供にとって長い間生活を友にする入園入学グッズです。なるべく好みのものをそろえてあげたいですね。

» ページのトップへ戻る